2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.04 (Mon)

スターゲイザー

カガリたんフィギャーがきたというのにいきなり違うネタですみません!
スターゲイザーが1泊だけレンタル出来たので今晩見てしまわないといけなくて急遽です。

一言でいうと、面白かった。です。
いい作品って・・・いいですね。
なんてしみじみ思っちゃったりなんかして。

立ち上がるとこなんかは思いがけず興奮して、コズミックイラ最高!てな気分になりましたとも。運命があれでも、この世界に入れたからもう幸せ!て言うか。

まず絵が綺麗だし、あと前編を通して音楽がとても美しかったですね。スターゲイザー機動からその後の戦闘シーンが文句なしに格好いい。音楽も良い。
フリーダムとどっちが格好いいだろうとか考えてしまいましたよ。

前半で感じたのはやっぱりユニウスセブン落下の影響の大きさと、アスランについてでした。
こんなに被害が大きかったんだなってことが運命本編ではやっぱり細かく描けてなかったので(流れと時間的なものであると思うので、批判したいわけではありませんです)、オーブだけでなく地球全体での被害の様子がよくわかりました。
で、これだったらアスランが何かしたいと考えてプラントに戻ったのも納得だなあと感じた次第です。

パトリック・ザラがいかに尾を引いてるかということを見せつけられた感が大きくて、見ててこうなんだからアスランはその何倍にも父の罪と影響を全身で受けちゃってるんだなと。
アスランの性格的に大きく責任感じてしまうだろうけどそれ以上に、息子の自分が背負うという構図を無意識に描いてしまうのはもう当然、というくらいパトリック・ザラの影響が大きかったんだなと受け取りました。
そりゃあアスランも黙ってはられなかっただろうなあ・・・アスランかわいそうに。つらかったね。


SEED~DESTINYの時点での「カガリを守る」て気持ち自体を疑うべきものは何もないし個人的にももう大歓迎ですけども、じゃあ具体的にどう守るのかどう行動するのかってことに関しては、アスランとしては違和感があったんだと思ってます。
だからこそ自分でも出来ることがあるなら、てプラントに行ったわけですし。

余談ですが私は、アスランは2年間オーブにいたけど住むのは全く初めての土地だったわけで、代表首長の側という一般とは違う生活なことを除いても、地球のオーブという国にあまり馴染めていないのではという感覚を以前持ってました。
アスランと言えばプラント、月。みたいな、SEED見てたときの今まで暮らしてきた場所のイメージがあったからなんでしょうけど。
だから運命の小説を読んだときに、予想に反してオーブのことを懐かしく思うアスランの描写があって嬉しく思いました。カガリの国だからやっぱり好きであってくれれば嬉しいから。


あ、話ずれたよ!
そういやステラとスティング出てましたね!
強化人間とか連合軍を見ただけでも課題がたくさんあって、プラントとの関係だけでなく地球の中でもほぐしていくべきものが山ほどあるんだね。カガリたんが心配だよ・・・ううう。
やはりカガリのことは考えずにはいられませんね。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ジャンル : アニメ・コミック

EDIT  |  02:03  |  運命感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。