2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.04.03 (Mon)

小説5巻感想

ざくざくっと読んだだけですが、とりあえずの感想を。

アスカガスキーさま達の感想読んで大まかには知っていたけど・・・・わーわー!ありがとうリウ先生!
なんだこのアス→カガの嵐は! 
本編見て心臓おかしくなりそうだった私って一体なんだったのかと脱力させられるほどの、アスランのカガリ愛っぷり爆発だった。


わかっちゃいるけどカガリがお見舞いに来てくれないのが寂しかったり、カガリが声明出すのに我がことのように気をもんだり、諦めがよくないカガリがまぶしかったり、幸福になりたいしたいと思ったり。
こういうところは、アスラン変わってないなーと思いました。
どんなに痛い目見てきても、このへんの思いは全く変わってないのね(笑)
よしよしアスラン、よーしよーしというカンジ(笑)


でファイナルプラスの旅立ちシーン。
とても綺麗なシーンだった。
と言ってもこの2人に関しては綺麗だからってそれで良しとは思わないわけで、どう思ってこれからどうするつもりなのかが重要なのです。
確かに切ないけど、これで終わりとは読み取りませんでした。
「互いを見つめあう日々は終わりを告げた。それでも、心が離れたわけではない。これから二人は、ともに同じ方向を見て歩いていく。」
うん、そうだね。
とっても素敵だと思うよ。

「本当の恋人同士は見つめあうんじゃなくて、同じものを見てる」って、高校時代の倫理の先生が(それはどうでもいいが)言っていたのを今でもよく覚えてまして、ふとした時に思い出す言葉のひとつなのですよ。
今回のはそれと全く同じ事言ってて、すんなり入ってきた。

その後「許されるならふたたび相まみえる、その機会がこなかったとしても・・・」は確かにちょっと胸が痛いけど、未来のことはいつだって100%なんて言えないから、そういう可能性だって必ずあるわけだよね。
そう考えるとこの言い方も当然のことかなと解釈。
むしろその可能性をきちんと見つめながらもアスランはとっても前向きなことを評価しようではないですか!(なに・笑)


メイリンと話すときのカガリんの心境。
「そんなことをしたら自分もアスランも自分自身でいられなくなる。自分を愛せなくなる」
ああわかるかもこういうのー。わかるからこそ切ないよう。
カガリはちゃんとわかってるから大丈夫だよ。
自分を嫌いにならないようにはどうすべきか、選択肢をわかっててそして選べるんだね。
メイリンを羨ましいと思ってもちゃんと選べたから、もうそこでぐるぐる回ることはなくて、新しく前に進めるよ。

そしてアスランも同じことをわかってるんだね。
だからこそ大丈夫な気がする。
カガリがどう思って指輪外してオーブを選んだか、きちんとわかるからこそ、アスランはやっぱりカガリを好きなんだろうし、これからも好きなんだろうと思いました。

互いの状況や思いを理解しながらも、カガリはもうアスランとの幸せは諦めてる感が強いけど、アスランは違うよね(笑)
本編見たときも感じたけど、小説でもやっぱり感じた。
とにかく全編にちりばめられたカガリ愛。
すげえアスラン!もう笑うしかないよ(笑)


宇宙に出てから、運命最初の「強すぎる力は争いを呼ぶ」「争いがなくならないから力が必要」を思い出すアス。
おまえ、殺したから殺されて…の台詞もずっと頭にあるって議長やシン達に言ってなかったか。
ほんっとにカガリスキーなんだなアスラン!
アスランに対するカガリの影響力たるやもう物凄いな。

そして限りなくオーブ=カガリな彼。
それはもうカガリが消え去るというのは耐え難い想像だろうな。それこそ簡単に想像できるよアスラン君。
じりじりした焦りが伝わってくるようです。本編見てるときよりもよく伝わってくるように思いました。


ラクスが訴えた停戦にあがる帰還信号。
ここの映像は美しいなあと思って見ていたので、アスランも同じように感じていて嬉しかったです。
これはオーブのことだよね、どう見ても。
そして待つひと。
ああよかったねアスラン。こっちまで優しい気持ちになれるよ。





うおー長いなあ、すみませぬ!
アスランとカガリのことしか書いてないけどまだ足りないのよ。
5巻でいちばん泣いたのシンとレイだし(えっそうなの!?)
ミーアのことも前より理解できたし。
イザークとディアッカもよかったし。

じっくり読んで改めて。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ジャンル : アニメ・コミック

EDIT  |  00:58  |  種・運命いろいろ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。